週刊現代「空き家を持っていると大損」とは?②

週刊現代の2015年2月28日号に記載された「空き家をもっていると大損」の記事についての2回目。

前回の週刊現代に記事について書いた第1回目では、同誌が「不動産大暴落」について述べていることと、その理由について記載しています。

 

不動産の価値が下がれば、放置される空き家も増えるのかもしれませんが、すでに「空き家対策特別措置法」が一部施行され、平成27年5月26日には、まだ施行されていない、空家への立ち入り調査や勧告・命令・過料などを含めた法律が完全に施行されます。

 

特に、著しく管理状態が悪い空き家は、「特定空家」に分類され、住宅用地に適用されている固定資産税の評価の優遇がなくなり、これまでの6倍の税金が支払わされる可能性がある旨が同誌にも記載されています。

 

ダイレクトに固定資産税が6倍になるケースはほとんどないと思いますが、課税が強化されてくるのは、間違いなさそうです。

空き家対策は、次の3つのどれかに分類されます。

「保有しつづける。(管理)」

「売る。」

「貸す。(活用)」

 

この3つについても、週刊現代さんは、なかなかショッキングな内容を記載しております。

その内容については、また次回記載させていただければと思います。

 

最後までお読みいただき誠に有難うございます。

 

柏・我孫子・流山・松戸などの千葉県東葛地域や取手・守谷などの茨城県南部の空家対策のご相談は

是非、誠実不動産までお願いいたします。
電話 070-6994-4396 です。代表の山口が丁寧にご対応いたします。

誠実不動産株式会社 担当:山口英昭

携帯電話:070-6994-4396

Eメール:h.yamaguchi@seijitu.net


運営会社

営業時間

月~日 (火・水曜定休)

  10:00~19:00

柏・我孫子 空き家・空室管理 誠実不動産

千葉県柏市・松戸市・我孫子市・流山市・白井市・茨城県守谷市・

取手市近郊の空家管理・空家対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク