特定空家のガイドライン③

平成27年5月26日から全面施行された空き家対策法。目玉である特定空家のガイドラインとは?

いわゆる著しく管理状態が悪く有害な空き家を「特定空家」とするわけですが、

そのガイドラインについて国土交通省から発表がありました。

このガイドラインを基に各地の市町村が地域に合わせた運用をするようです。

前回までで、

「特定空家」の定義とは

①そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となる恐れのある状態。

②そのまま放置すれば著しく衛生上有害となるおそれのある状態。

③適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態。

④その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態。

の「空き家」となることと、①②については説明させていただきました。

今回は③です。

③適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態。

とは具体的に言うと

 ・適切な管理が行われていない結果、既存の景観に関するルールに著しく適合しない状態で

  景観法に基づく景観計画・景観地区の制限に著しく適合していない。

  地域で定められた景観保全に係わるルールに著しく適合していない。

 

・以下のような状態で周囲の景観と著しく不調和な状態

  屋根・外壁等が汚物や落書き等で外見上大きく傷んだり汚れたまま放置されている。

  多数の窓ガラスが割れたまま放置されている。

  看板が原型を留めず本来の用をなさない程度まで、破損、汚損したまま放置されている。

  立木等が建築物の全面を覆う程度まで繁殖している。

  敷地内にごみ等が散乱、山積みしたまま放置されている。 

この中でも「著しく」との表現が見られますが、

この辺りが市町村の判断となり、近隣市町村の状況を見ながら対応を検討する形に

なって行くのではないかと私は予想いたします。


ちなみに、良くテレビで報道されている、いわゆる「ごみ屋敷」は、住民がいるので

空き家とはなりませんので、この法律での取り締まりは期待できません。

ただ、景観を乱しているような空き家は、柏市・我孫子市でも散見されます。

売りに出ている物件などを見に行っても、隣地や近隣に景観を乱すような空き家があったりすると

売り物件の所有者の方は、本当にお気の毒だと思います。

 

やはり、所有している以上は、固定資産税などの支払いはもちろんのこと

最低限の管理は必要だと思います。

 

最後までお読みいただき有難うございました。


運営会社

営業時間

月~日 (火・水曜定休)

  10:00~19:00

柏・我孫子 空き家・空室管理 誠実不動産

千葉県柏市・松戸市・我孫子市・流山市・白井市・茨城県守谷市・

取手市近郊の空家管理・空家対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク