空き家の所有者が認知症になったら、どうなる?

空家の所有者が認知症になり、判断能力がなくなったら、どうなるのでしょうか?

ご実家の所有者であるお父様・お母様が認知症になって施設へ・・・・。

ご実家が空き家になりました。

こんなことは、超高齢化社会では珍しくなくなりました。

大変恐縮ですが、空き家。すなわち住まなくなった実家の所有者(お父様・お母様)が

お亡くなりになれば、相続人が自由に処分や賃貸(活用)などすることが出来ます。

しかし、空き家の所有者が認知症などになり、意思能力がなくなった場合はどうなるのでしょうか?

答えは、「直ぐには何もできません」となります。

つまり、「成年後見人制度」を利用して、成年後見人を専任し、裁判所の許可を受けて売却といった流れになります。

成年後見人は、家族でもなれますが、資産額1200万円を目途にそれを超えてくると

弁護士、司法書士などのプロの方が専任されることが一般的だそうです。

そして、成年後見制度は、一度、成年後見人を専任すると被後見人であるお父様・お母様が

意思能力を取り戻すか、死亡するまで続きます。

プロの方に成年後見人をお願いすると、毎月発生する報酬は、18000円/月~となっております。

ご両親が施設に入居するなどして、ご実家に住まなくなり、かつ認知症の兆し見受けられる場合には、意思能力が無くなる前に速やかに何らかの対処をすることをお勧めいたします。

そうしないと売れない・貸せない・住まないご実家を抱え込み

草刈りや通風のために時間やお金を使うことにもなりかねません。

非常に難しい判断だと思いますが、早めの対応が大切です。

実家が空き家になることが決まったら、空き家の対応も早めに考えておきましょう。

空き家対策は、誠実不動産までご相談ください。

相談は無料です。

電話04-7100-3217です。

右側の「問い合わせ」をクリックしていただくと、メールでの問い合わせも可能です。

宜しくお願いいたします。

運営会社

千葉県知事(2)16535号

誠実不動産株式会社

  代表:山口英昭

TEL: 04-7100-3217

FAX: 04-7100-3219

 

〒270-1164

千葉県我孫子市つくし野

          5-5-39

営業時間

月~日 (火・水曜定休)

  10:00~19:00

柏・我孫子 空き家・空室管理 誠実不動産

千葉県柏市・松戸市・我孫子市・流山市・白井市・茨城県守谷市・

取手市近郊の空家管理・空家対策

 代表取締役 山口英昭
 代表取締役 山口英昭
このエントリーをはてなブックマークに追加
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク