民事信託(家族信託)と空き家②

全日本不動産協会の「民事信託・遺言・遺産整理のABC」セミナーに参加してきました。

民事信託(家族信託)と空き家の2回目です。

民事信託(家族信託)では、どういった事が出来るのか?

「成年後見」「遺言」「民事信託(家族信託)」は何が違うのか?

をセミナーの内容からお話していきたいと思います。

※詳細に関しては、専門家や法律家に必ずご確認をお願い致します。 

成年後見制度

メリット

 判断能力を失った後も、被後見人の財産管理が可能

デメリット

 判断能力を失うまで効力が生じない。被後見人の死亡により終了するため、死亡後の財産管理や

 承継は行えない。財産を守ることが主な目的となり、積極的な資産運用などが出来ない。空家の

 売却などは、裁判所の許可が必要。空家の賃貸などは難しいことが多いと言われています。 

遺言

メリット

 意思能力があれば、遺言者の意思で何度でも書き換えが可能。

デメリット

 遺言者がなくなるまでは、効力が発生しない。死亡後に遺言通りに執行されるか、わからない。

 空き家対策としては、相続を円滑に進める手助けにはなると思いますが、空き家所有者に認知症

 になる、相続が揉めてしまうといったケースには、役に立たないと思います。

民事信託(家族信託)

メリット

 契約により信託を実施すれば、即座に効力が発生する。内容が自由に決められる。

 生前から死後まで効力がある。などのメリットがあり、受託者の判断で空家の賃貸・売却などが

 出来るので、空き家対策は問題なく可能です。

デメリット(普及の課題)

 ①認知症になる前に信託契約をする必要がある。(認知症になってからでは使えない制度)

 ②資産を信じて託せる人(受託者)が確保できるのか

 ③制度自体が十分に普及していないので、事例が少なく。手探り状態が現状。 

民事信託を活用すれば、空家対策だけに留まらず、色々な相続の形も決めることができます。

例えば、お子様が居ない方の場合、御主人が亡くなった後、財産が奥さんに相続されることが一般的ですが、奥さんが亡くなると奥さん側の親族に財産が相続されるのが、一般的な流れですが

民事信託を使うと奥さんが亡くなった後の相続人も決めることができますので、御主人の親族に財産を渡すといったことも可能になります。

300種類近いパターンの契約を設定することが出来るそうです。

次回はもう民事信託について、少し掘り下げてみたいと思います。

※民事信託(家族信託)と空き家②の内容を書き直しました。

運営会社

営業時間

月~日 (火・水曜定休)

  10:00~19:00

柏・我孫子 空き家・空室管理 誠実不動産

千葉県柏市・松戸市・我孫子市・流山市・白井市・茨城県守谷市・

取手市近郊の空家管理・空家対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク