住宅用火災警報器にご用心!

先日、突然に我孫子の消防署から電話がありました。

最初は何のことなのか良く分からなかったのですが、お話をお伺いすると

弊社にて管理させていただいている空き家にて、住宅用火災警報器が発報しているので

直ぐ来てほしいとのことでした。

管理物件の空き家に行ってみると、消防車が1台停まっており、5~6人の消防士の方が

待っておられました。

建物の外には、小さく住宅用火災警報器の警告音声が聞こえていましたが、煙が上がっているといったようなことはありません。

消防士の方と一緒に室内に入りましたが、やはり火の気はなく、警報機の誤作動でした。

実は、火災警報器は曲者なのです。

今回問題になった住宅用火災警報器は、2006年6月1日から一般住宅にも設置が義務付けされたものです。

そのころ自治会やマンションの管理組合などで配られたり、ご自身で購入されたりして設置された方も多いと思います。

この住宅用火災警報器は、電池式で電池が切れる前に発報する物があるようです。

通常であれば、警報機が発報しても人が居ますので、火事でないことを確認して電池を入れ替えれば

問題ないのですが、空き家だと近所や消防署を巻き込んだ今回のような事になる訳です。

ただ、罰則規定はないようですが、設置は義務付けとなっているので、電池を外しておく。

設置しない。といった対応もやり難いのも事実です。

弊社でも判断が出来ないので、空き家所有者の方にご判断いただいているのが現状です。

マンションの警報器も曲者!?

今回は、戸建に設置された住宅用火災警報器ですが、マンションのガス漏れ警報器や火災報知器にも

お騒がせの物はありますので、注意が必要です。

例えばこんなケースがありました。

空き家になったため、ブレーカーを落しておくと機械が「断線」と判断して警報が警備会社に行く。

ガス漏れ警報器が古くなると装置が敏感になり、殺虫剤を近くで使っただけで警報が鳴る

こういった事はマンションの設備によって異なりますので注意が必要です。

警備会社が出動すると費用を請求されるケースもありますので、管理員さんや管理会社に

マンションの警報器について確認しておいた方が良いでしょう。

住宅用火災警報器の設置義務付けから10年を経過して、同様のトラブルが発生する可能性は

高まってくると思います。

住宅用火災警報器の電池は10年で切れるモノものが多かったと記憶しております。

空き家を所有して居る方々は、設置されている住宅用火災警報器の電池は変えておいた方が良いかもしれませんね。

そうしないと、消防署や管理会社から突然連絡があり、驚くことになるかもしれませんよ。

空き家をお持ちの方、管理されている方、ご実家が空き家の方

消防署からの突然のお電話を避けたい方は、是非 誠実不動産にご相談してみてください。

ご相談は無料ですよ。

電話は、04-7100-3217 です。

宜しくお願い致します。

運営会社

営業時間

月~日 (火・水曜定休)

  10:00~19:00

柏・我孫子 空き家・空室管理 誠実不動産

千葉県柏市・松戸市・我孫子市・流山市・白井市・茨城県守谷市・

取手市近郊の空家管理・空家対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク