安い物件は扱わない!?

先日、弊社で空き家を売却された方のお話。最初は大手不動産会社に依頼していたそうですが・・。

売れなかったので、弊社にご依頼をいただいたそうです。

大手不動産会社2社からの価格査定書も拝見させていただきましたが

どちらの価格も300万円前後の価格で査定されておりました。

どちらの会社も前向きな売却活動をしていただけなかったそうです。

不動産の売買仲介は、報酬の上限が宅地建物取引業法にて以下の通り決まっております。

①売買不動産の価格が200万円以下の部分 5%

②売買不動産の価格が200万円を超え400万円以下の部分 4%

③売買不動産の価格が400万円を超える部分は 3%

となっております。消費税別です。

仮に売買不動産の価格が300万円だと

①売買不動産の200万円までの部分  200万円×5%=10万円

②売買不動産の200万円を超える部分 100万円×4%=4万円

となり、「14万円+消費税」が不動産会社の報酬となります。

不動産仲介の場合は、売主様と買主様を自分で見つければ、通称「両手」といって、売主様と買主様の両方から手数料をいただくことが法律によって認められております。

上記の場合だと最大で「28万円+消費税」の仲介手数料が受領できます。

ただ、買主様を別の不動産業者が見つけてきますと「片手」といって、売主様からの仲介手数料

14万円+消費税を受領することになります。

問題は1億円の不動産でも100万円の不動産でも、不動産業者の手間は、ほぼ変わらない事です。

物件の調査をして、重要事項説明書という書類を作り、売主様と買主様の要望を調整して不動産売買契約書を作るといったことがメインになります。

しかし、1億円の不動産売買であれば、仲介手数料は、最大で612万円+税

100万円の不動産売買であれば、最大でも20万円+税にしかなりません。

(いずれも売主様、買主様の両方から仲介手数料を受領する「両手」の場合)

いわゆる「片手」の取引ならば、その半分です。

労力・手間があまり変わらないのに、受け取る仲介手数料は、不動産の価格によって

全く違うことがお分かりいただけたでしょうか?

ビジネスマンであれば誰しも沢山利益は出したいはずです。

特に大手の不動産会社であれば、TVCM・ネット広告・新聞広告・ポスティングなど

広告宣伝費をかけたり、駅前に店舗を構えるなどの様々な手段で売り出す物件を集めているので、

かけた経費の分だけ、なるべく高い物件を極力「両手」の取引で成立させたいのです。

特に不動産業界は営業のノルマが厳しい業界と言われていますので、大手の不動産業者では

1000万円や500万円を下回る物件は、積極的に取り組んでいただけないケースもあるようです。

空き家を売却する場合には、売却物件の価格を考えた上で、売却依頼をする不動産業者を

選んだ方が良いかもしれませんね。 

誠実不動産では、1000万円を下回る物件でも、文字通り「誠実」に売却活動をしております。

空き家や空き地を売却されたい方は、是非ご相談ください。

ご相談は無料です。
04-7100-3217までお電話くださいね。

運営会社

千葉県知事(2)16535号

誠実不動産株式会社

  代表:山口英昭

TEL: 04-7100-3217

FAX: 04-7100-3219

 

〒270-1164

千葉県我孫子市つくし野

          5-5-39

営業時間

月~日 (火・水曜定休)

  10:00~19:00

柏・我孫子 空き家・空室管理 誠実不動産

千葉県柏市・松戸市・我孫子市・流山市・白井市・茨城県守谷市・

取手市近郊の空家管理・空家対策

 代表取締役 山口英昭
 代表取締役 山口英昭
このエントリーをはてなブックマークに追加
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク