空き家の固定資産税は絶対に6倍にはならない。

 未だに空家を放置して置くと、固定資産税が6倍になるといった記事やサイトを見かけます。

 空き家対策などの資格関連のサイトでも、固定資産税が6倍になるとのアオリ広告?が散見されます。毎年支払う固定資産税ですが、これは「固定資産税と都市計画税」そして、それぞれ「土地と建物」の合計4種類の税金が毎年1月1日の所有者に課税され、これらをまとめて「固定資産税」と一般的には我々は呼んでおります。

 この固定資産税は、空家をどんなに放置し近隣に迷惑をかけても、絶対に6倍になりません

 まず、固定資産税と都市計計画税の住宅地に対する課税標準の特例をご理解いただきたいのですが、以下の表のように住宅地、すなわち住宅が建っている土地の固定資産税・都市計画税は、特例で課税標準額(評価額に特例の割合を掛けたもの)が減額されています。

       区   分 固定資産税の課税標準 都市計画税の課税標準
 小規模住宅地(200㎡まで)  評価額×1/6   評価額×1/3
一般の住宅地(200㎡超え住宅床面積の10倍まで)   評価額×1/3   評価額×2/3

 この課税標準の小規模住宅地の減額の特例が1/6です。この1/6がなくなることをもって、固定資産税が6倍になると様々なサイトや報道で言っているわけです。しかし、これは間違いです。

 具体的に計算してみましょう。100㎡の住宅地で評価額が600万円だったとします。この場合、減額の特例割合がは、1/6になります。評価額600万円に1/6を掛けた「100万円」が課税標準額となります。これに税額の1.4%を掛けた「14,000円」が固定資産税の税額です。

 同じ土地の都市計画税は、評価額600万円掛ける減額の特例割合1/3で課税標準額が「200万円」です。都市計画税の税額は0.3%ですので掛けますと「6,000円」が税額となります。この固定資産税の税額「14,000円」と都市計画税「6,000円」の合計「20,000円」が、いわゆる毎年納めている土地の固定資産税(年税額)です。実際には建物の固定資産税も併せて納付する形になるかと思います。

 さて、この土地の上に建っているの建物は空き家でした。所有者が放置をしていたため、廃墟と化して近隣に迷惑をかけ、市役所から勧告を受けましたが、無視していたいために、その後「特定空き家」とされました。

 ここまで行って固定資産税・都市計画税の課税標準の減額の特例それぞれ1/6と1/3がなくなります。土地の評価額600万円に固定資産税の税率1.4%と都市計画税の税率0.3%が掛けられ

固定資産税が6倍に!・・・・・・とはなりません!

 理由は、土地の固定資産税・都市計画税もには、負担調整措置というものがあり、住宅地以外の土地には、0.7をかけた金額が課税標準額となるのです。これは、千葉県柏市や我孫子市でも、東京都内でも、地方の過疎地でも一緒です。つまり、評価額600万円に0.7を掛けた金額「420万円」が課税標準額となり、これに固定資産税の税率1.4%と都市計画税の税率0.3%を掛けます。そうしますと固定資産税の税額が「58,800円」、都市計画税の税額が「12,600円」で合計「71,400円」に建物の固定資産税額を合わせた金額が毎年納める、いわゆる固定資産税(年税額)となります。

 20,000円+建物の固定資産税と都市計画税 ⇒ 71,400円+建物の固定資産税と都市計画税。

 全然6倍にはなりませんよね。

 仮に土地の固定資産税だけで比較しても、「14,000円」 ⇒ 「58,800円」

 どう計算しても6倍にはなりませんよね。にもかかわらず「空き家を放置していると、固定資産税が6倍にぃ~!」といったサイトを運営している会社は、明らかに知識不足ですので、ご注意を!

 個別の事例などは必ず、税理士さんや税務署にご確認くださいね。

 空き家の対策は、誠実不動産までご相談をお願いいたします。お電話お待ちしておりますよ~。

運営会社

千葉県知事(2)16535号

誠実不動産株式会社

  代表:山口英昭

TEL: 04-7100-3217

FAX: 04-7100-3219

 

〒270-1164

千葉県我孫子市つくし野

          5-5-39

営業時間

月~日 (火・水曜定休)

  10:00~19:00

柏・我孫子 空き家・空室管理 誠実不動産

千葉県柏市・松戸市・我孫子市・流山市・白井市・茨城県守谷市・

取手市近郊の空家管理・空家対策

 代表取締役 山口英昭
 代表取締役 山口英昭
このエントリーをはてなブックマークに追加
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク